『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【伝説の速記ペン】37年ぶりの機能向上『プレスマン』~超ロングセラー:プラチナのシャープペンシル~

僕も愛用しています!『プラチナのプレスマン』

文房具が好きになり始めてすぐにアンテナに引っかかってきたのが、このプラチナの超ロングセラーシャープペンシル『プレスマン』です。0.9mmの太目の芯を搭載するワイルドでタフなペンで、複数本買い込んで使い倒しております。

やっぱり太いので芯の減りが遅いような気がします。また、シンプルで飽きのこないデザインなので長く使うことが出来るんです。まさにロングセラーと呼ぶにふさわしい生き残っていくシャープペンシルなのです。ぜひ、お試しください。

特に「筆圧が高くて困っている」という人におススメしたいです。かなり力を入れても大丈夫な構造になっているので、芯が折れにくいです(もちろん0.9mmという芯の太さもありますがね)。とっても男らしいペンなのです!

 

プレスマン/PRESS MAN シャープペン 0.9mm パックタイプ MPS-200パック #1

リニューアル発売したの・・・知らなかったです。

今年は日本でシャープペンシルが誕生して100周年なんだそうです。それを記念して、『プレスマン』もリニューアルしたそうです。知らなかったです。

プラチナ万年筆株式会社(本社;東京 社長;中田俊也)では、日本で唯一のロングセラー速記用シャープペン「プレスマン」を1978年発売以来、37年ぶりに外観そのままで、快適性を改善して平成27年6月1日にリニューアル発売します。

当社商品の中でもロングセラー商品「プレスマン」は速記士や、記者向けに開発されたシャープペンです。筆記のプロ用として当時開発するにあたり、「多くの文字を素早く書く」ことで芯の折れない構造でなければなりませんでした。そこで芯を一般的な0.5mm から0.9mm 芯と太くし、滑らかさを向上させる為に内蔵したセーフティスライド機構が芯をスライドさせ、速記中に起こる強い筆圧から芯折れを防ぐ事を可能にしました。また、取材中に芯を使い切ると何度もノックしなければならず、タイミングを逃してしまわない様にプレスマンは通常全長60mm の芯を100mm の2B 芯にし、途切れのない取材を可能にしました。鉛筆が主流だった時代に「プレスマン」に持ち替えて違和感のない重量など、これらの機能と書き味が徐々に認められ当時国会での書記に使用される様になりました。その後、速記を目的としない方へ認められ、執筆家、クリエーター、コピーライター等、物を創造する職業の方にも「イメージをスケッチするのに最適」と長年愛され続けて来ました。今回、日本で実用的シャープペンが誕生してから100年に当たる今年に合わせて利用者の声に耳を傾けロングセラー「プレスマン」を改良致しました。低価格でプロ気分の書き味と機能を味わえるシャープペンを是非お試し下さい。
(プラチナのプレスリリースより)

f:id:fumihiro1192:20151113224256j:plain

今回の37年ぶりの改善点はここだ!

先端セーフティースライド機構のクッション圧を高めにして意図しない芯スライドを防止しました。筆圧の低い方から高い方までサポートします。
※芯を出す時のノック音を大幅に低減。さらにノック圧を軽くする事によりスピーディで軽快な芯出しを実 現しました。力の弱いユーザーにもスムーズにノック出来ます。  ※ロゴマークの変更。

oyakode-polepole.hatenablog.com

僕は、この「おやこでポレポレ」さんの記事に触発されて書きました!
ちょっと引用させていただくと・・・

私の身近な人に、非常に物持ちの良い人がいる。もう50才をとうに過ぎた人なのだが、小学校の頃に使っていた竹の物差しや高校生の頃に使っていたシャープペンシルなどを現在も使っている。

きちんと整理して大切に使っているということもあるが、話を聞いてみるとシンプルで使いやすい道具を買っていたからだとか。多少高くても気に入った道具を買い、大切に使っているからこそ長持ちするのだと話してくれた。

シンプルな良品は、ロングセラー商品と同じく時代を超えて使われるものなのだろうと思う。

そうですよね!文房具はこうでなくてはね!

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010