読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【ちょっと気になる文房具!】つくしえんぴつキャップ~鉛筆をセクシーにエスコートする道具~

文房具 文房具店

つくし文具店の『つくしえんぴつキャップ』

気になる文房具情報が流れてきます!

www.tsu-ku-shi.net

僕はまだ「つくし文具店」に行ったことがありません。しかし、『つくしペンケース』は僕たち文具好きの間では伝説の憧れアイテムでありまして、持っているだけで「おお!」と驚嘆の声が漏れるくらいの存在であります。

そんなお店のアイテムに
『つくしえんぴつキャップ』が追加されたらしいです。

文房具の有識者のブログにどんどんアップされているので、改めてうらやましく思います。ついつい、僕のブログにも載せちゃいたいと思います。

有識者たちのブログ紹介① 土橋正さん

鉛筆の気配が感じられるキャップ | 文具ウェブマガジン pen-info

f:id:fumihiro1192:20151206195122p:plain

まずは、文房具界のプリンス土橋正さんのHP。

紹介の仕方は半端なく素敵です。さすがプロ!

僕の自慢は土橋さんに岡崎市まで来ていただき、講演をしてもらい、僕の車で市内観光をしたことです。いいでしょ?(^^)

土橋さんは文章も洗練されている・・・さすが、プリンス!

鉛筆キャップ。

文具売り場を見回してみると子供用のものか、かなり高額なものという両極端な商品が多い。この「つくしえんぴつキャップ」はその間を埋める。。。というよりもむしろ全く違うブルーオーシャンを狙ってきている。

「つくし文具店」の説明によると、鉛筆を保護するという機能性からスタートするのではなく、鉛筆キャップは「鉛筆のアクセサリー」であるという考え方をしている。

とは言え、機能的にもなかなかのものになっている。

表向きは「アクセサリー」と言っておいてユーザーには「ウン、なかなか機能だっていいじゃないか」と思わせる作戦なのかもしれない。

有識者たちのブログ紹介② ポレポレとうさん

oyakode-polepole.hatenablog.com

 私が高校生ぐらいのときに、針金で作るブローチが流行った時期があった。くるくると針金を曲げて自転車の形にしたり、イニシャルを一筆書きのように曲げて作ったりと、今考えるととても素朴なアイテムだったなと思う。そんなこともあってなのか、ウェブで見かけた針金系の文房具類が気になっている。

あれ?もしかして、ポレポレとうさん・・・同世代かしら?

気になるでしょ?『つくしえんぴつキャップ』

どうですか?いいでしょ?このえんぴつキャップ!

こんな鉛筆キャップ持っている人いないですからね。こんなのを胸ポケットに刺していたら人気者になっちゃいますね。(おじさんは仲間外れになっちゃうかも・・・(笑))そんな向かい風を気にもせず、素敵な文房具と一緒に暮らしましょう。

follow us in feedly