『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【存在感抜群の消しゴム】メタル素材が新しい男の文具~デスクに英国のハイセンスな雰囲気が漂います~

 Helix OXFORD 『メタルスリーブ:消しゴム』です!

f:id:fumihiro1192:20151122080719j:plain

Helix OXFORD 『メタルスリーブ:消しゴム』の紹介

英国(イギリス)の ステーショナリー ブランド・ Helix ( へリックス )の 消しゴム です。 最近、ちょくちょく雑貨屋さんなどでも置いてるところ多いですよね。デザインが英国的でカッコいいので目を引きます。語感も良いですよね。
そのHelix の消しゴムはよくみていましたが、メタル素材のスリーブ(底のない缶ケース)に入っている高級仕様をみつけたので、紹介します。思わず机の上に飾っておきたくなりそうです。 雰囲気違いますからね~。
使用する時はキャップ(プラスチック製)を外し、また、消しゴムが減ってきた際は、底の部分から消しゴムを押し出し使用します。 昨日、東京中野の「旅屋」さんで見つけて、あまりのカッコ良さに買って来ました!

f:id:fumihiro1192:20151122080815j:plain

通常版の紙でスリーブが作ってあるものは、このタイプです。

【Helix OXFORD】オックスフォード 消しゴム YS2020

【Helix OXFORD】オックスフォード 消しゴム YS2020
 

メタルボデーのカッコよさ!

「めちゃめちゃカッコいいじゃないですか!」僕は思わず店内で声をあげてしまいましたが、それほど感動する人はいないそうです。でも、「旅屋」のジュンコ店長も同意してくれていました。営業トークかも知れませんがね(笑)。

ちょっと高級ですが十分元が取れる存在感をかもし出してます!

そういえば、日本でも高級消しゴムのスリーブは金属で作っているモノありますよね。シードのスーパーゴールドという高級消しゴムがすぐに思い浮かびました。

シード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01

シード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01

 

 消しゴムのスリーブの大切な役割を知ろう!

消しゴムのスリーブとは、日本では一般的に厚めの紙で作ってありますよね。さらにはその外側をビニールで巻いてある。消しゴムがだんだん小さくなってくると邪魔なんですが、捨てないでくださいね。このスリーブには大切な役割があるんです。

その役割について、以下のように説明します。

カバーはスリーブといい、消しゴムの保存に大切な役目を果たしているのです。まさに袖(そで)と呼ぶにふさわしい機能ですので、覚えておいてくださいね。

スリーブの注意書きには「ほかのものと一緒に入れておくと、くっつくことがありますので、このスリーブに入れたまま保管してください」と書いてあります。消しゴムに含まれている可塑剤が、消しゴムの塩化ビニルだけではなく、ほかのプラスチックにも作用して軟化してしまうため、消しゴムとその他の素材の保護のために必要なのです。

消しゴムがプラスチック製の容器や定規などにくっついて、溶けたようになっているのを見たことがある人もいるでしょう。消しゴムには必要な可塑剤でも、ほかのプラスチック製品を軟らかくしてしまうことがあります。化学の現象って、こんなところに現れることもあるのですね。

僕も昔三角定規に消しゴムのカスがくっついて取れなくなり、さらにはその部分に穴が開いてしまったという経験があります。消しゴムだけでなく、消しゴムのカスにも同じような作用が残ってますので注意してくださいね。