『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【とにかく便利】図書館に行く時は『ブックストッパー』を忘れずに!

『トモエ ブックストッパー 』 これは便利なんです!

f:id:fumihiro1192:20151031075742j:plain

長いお付き合いをさせていただいている文房具です。

先日、銀座の伊東屋に行ったときに買い足しした文房具が『トモエ ブックストッパー』です。このブックストッパーとの付き合いはかれこれ6年ほどになります。僕の大好きな文房具のひとつで、思い出もたくさんあります。もう、恋人という感じです。

彼女と付き合い出した当時は読書まとめにハマっていました。本を読みながらノートに書くという作業を毎日やっていたので生活必需品だったんです。本を片手で押さえながら必死でノートに書き込みすることは、かなりのストレスでした。

そんな時に彼女と出会いまして、両手を自由にしてノートが書ける素晴らしさを味わいました。本当に運命的な出会いでした。他にも方々でいい人を探したのですが、彼女ほどのデザインと機能性を併せ持った人は他にはいませんでした。

ブックストッパー

ブックストッパー

 

ちょっとした心配事があります。でも、すぐに解消しました!

ささやかな僕の心配事は、「トモエ算盤」という会社の名前が消えていること。大丈夫なのかな?最近、算盤(そろばん)とか見たことないですからね。トモエ算盤のホームページを確認すると・・・大丈夫そうでした。

トモエ算盤の興味深い商標紹介がついてましたので、紹介しますね!この勾玉を複数配置したような紋を「トモエ紋」と呼びます。日本古来から伝わる文様のひとつです。

f:id:fumihiro1192:20151031083231j:plain

 大正7年に登録されたこの商標は、そろばんをお買い求めになる方々と、販売店、そして当社が三者一体となって円満に発展することを願ったもので、しかも創業者、前社長藤本勇治の家紋をそのまま採用し、製品に対する責任を明確にする意味がこめられたものです。

 日本の伝統を感じさせるこの商標は、いまや国内だけでなく、世界中で親しまれ続けております。

ちなみに、今の社長さんは「藤本トモエ」さんです。
徹底してますね~。恐れ入りました。

図書館のお供に最適です!

僕が最近一番役に立つなぁと感じるのは、図書館での調べものの時です。家の近くに図書館があるので、本当に便利です。何か調べものをしたいときには、ノートと筆記具とこのブックストッパーを持って出かけます。

「革命的な文鎮(ぶんちん)である」と解説書に書いてあって、思わず笑ってしまいました。でも間違いなく紙の本があるかぎり生き残っていく文房具だと思います。皆さんもお手元にひとついかがでしょうか?

ブックストッパー