『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【pv(ページビュー)を伸ばす方法】ブログはタイトルが9割です!

f:id:fumihiro1192:20170805195956j:plain

今日は愛知県の守山区というところまで、文房具関係の遠征に行ってきました。同じ愛知県と思えないくらい遠いところで驚きましたが、そういえば学生時代に付き合っていた女子が、このあたりに住んでいたことを思い出して懐かしかったです。

それはさておき、今回の遠征は「ホジラジ公開収録」を聞きにいくことが目的でした。この番組の内容については、またの機会にじっくり紹介させていただこうと思います。あまりに濃いので話の中心がもっていかれてしまうからです(笑)

一緒に行ってくださった文房具朝食会@名古屋メンバーの春日さん、森上くん、そして関西からのお客様出雲さん、ありがとうございました。出雲さんからはレインボーラムネという見たことのないお土産をいただき、こちらも感謝です。

さて、今日僕がブログに書いておきたいのは、この公開収録の主役であった株式会社ナレッジデザインの信田社長のお話についてです。僕が毎日感じて考えていることを、言葉にしてくださったように感じたことを記録しておきます。

本当にキレキレのすごい社長さんでした。本当に経営の隅々まで考えてみえて、戦うCEOという感じでとても頼もしかったです。彼についていく社員の皆さんは大変でしょうが、共感できれば恐ろしいほどのやりがいが付いてきますよね。

今日のブログテーマは「pv(ページビュー)を伸ばす方法」です。それはやっぱりブログって、タイトルのつけ方にかかっているなぁと改めて感じたからです。最後までおつきあい、よろしくお願いいたします。

(今日のブログ画像は、KDMさんに了解をいただいて撮影しております)

それから、愛知県の守山区にあるKDM.txtさん、すさまじく良いお店でした。ぜひぜひ、お立ち寄りください。日本で最後の「本の楽園」です。この業界の世界遺産みたいに取り扱われることになると思います。お早めに!

www.culcos.com

f:id:fumihiro1192:20170805200008j:plain

リスクがあって不安なら、攻めなくちゃ意味ないでしょ?

こういう言葉でくくってはいけないように思いますが、今日の信田社長の話を聞いていて、成功者の秘密はこれかな?と思いました。みんな不安と戦っているし、リスクをしょって生きています。それならば、どう未来に「攻め」で取り組むかです。

僕はリスクをほとんど背負っていない気楽なブロガーなのですが、ここが生活基盤という人にとっては本来なら戦場ですよね。勝っても負けても良いような状態にあるから、それほど責めなくてもいいし、分析も甘くて良いんだと思います。

「攻め」がなければ「勝ち」はない、「守り」だけなら「未来」はない。という感じです。ほりエモンの言葉ではないですが、そんな安定した生活のどうしようもないところに保険をかけて一体何を守りたいの?という感じらしいです。

今日からもっと真剣に「ブロガー」として、攻めていきたいと思います。

f:id:fumihiro1192:20170805200015j:plain

自分をどこに置くのか決める。尖っているの?人気者でいくの?

ここはブログを書いている人なら、みんな考えていることだと思います。もちろんのこと、僕も実は毎日ここで悩んだりしてます。ポジショニングです。自分をどこに置くかです。僕は文房具ブログを毎日書いているのですが、そこで問題が発生します。

あまりにもマニア過ぎても、誰もついてこれないです。そして、あまりに大衆向けになってしまっても、僕の個性が生きないのです。ここが一番難しいなぁと毎日感じているのです。でも、今日の信田社長の言葉を聞いてスッキリしました。

やはり自分の信念をもって、ちゃんとブログをこのポジションで書いたからこうなったと言えることが大事ですよね。まさに「信念」という言葉がふさわしいと思います。確かに、自分にそれがなくなったら終わりですからね。

そのためには「タイトル」を練りに練ることです。誰に読んでもらうために、どんな内容にするのか?ターゲット、読み手、そして自分の信念を込めて「タイトル」を考えるのです。ここでほとんどが決まりますから、十分気をつけてくださいね。

かなり勇気と元気をもらえたイベントでした。感謝です。

f:id:fumihiro1192:20170805200017j:plain

f:id:fumihiro1192:20170805200024j:plain

f:id:fumihiro1192:20170805200026j:plain

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログです

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com