『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【元祖芯が折れないシャープペンシル】「プレスマン」を全色揃えてみました!

f:id:fumihiro1192:20170606202844j:plain

2年前にリニューアルして、今まで以上に性能が良くなったプラチナのロングセラーシャープペンシル「プレスマン」。カラーバリエーションも増えて、全5色になったので大人買いして全色揃えてみました。僕は「白」が一番気に入っています。

かれこれ20本以上は購入していると思われる「プレスマン」。自分の手元に残っているのは、7本です。その他はすべて、読者プレゼントとしてあげてしまいました。理由は、この「プレスマン」の素晴らしさをみんなに知ってもらいたいからです。

今でこそ、芯が折れないシャープペンシルの全盛期ですが、かつてはこのコンマ9mmのペンが力を入れて書き殴っても、芯が折れにくい最強のペンとして名前を轟かせておりました。僕も文房具ブロガーになって何度もこの筆記具について記事を書きました。

今日はそのプラチナの「プレスマン」の紹介をします。

f:id:fumihiro1192:20170606202755j:plain

せっかくですので、当時のプレスリリースを載せてみましょう!

プラチナ万年筆株式会社(本社;東京 社長;中田俊也)では、日本で唯一のロングセラー速記用シャープペン「プレスマン」を1978年発売以来、37年ぶりに外観そのままで、快適性を改善して平成27年6月1日にリニューアル発売します。

当社商品の中でもロングセラー商品「プレスマン」は速記士や、記者向けに開発されたシャープペンです。筆記のプロ用として当時開発するにあたり、「多くの文字を素早く書く」ことで芯の折れない構造でなければなりませんでした。そこで芯を一般的な0.5mm から0.9mm 芯と太くし、滑らかさを向上させる為に内蔵したセーフティスライド機構が芯をスライドさせ、速記中に起こる強い筆圧から芯折れを防ぐ事を可能にしました。また、取材中に芯を使い切ると何度もノックしなければならず、タイミングを逃してしまわない様にプレスマンは通常全長60mm の芯を100mm の2B 芯にし、途切れのない取材を可能にしました。鉛筆が主流だった時代に「プレスマン」に持ち替えて違和感のない重量など、これらの機能と書き味が徐々に認められ当時国会での書記に使用される様になりました。その後、速記を目的としない方へ認められ、執筆家、クリエーター、コピーライター等、物を創造する職業の方にも「イメージをスケッチするのに最適」と長年愛され続けて来ました。今回、日本で実用的シャープペンが誕生してから100年に当たる今年に合わせて利用者の声に耳を傾けロングセラー「プレスマン」を改良致しました。低価格でプロ気分の書き味と機能を味わえるシャープペンを是非お試し下さい。

●改善点
※先端セーフティースライド機構のクッション圧を高めにして意図しない芯スライドを防止しました。 筆圧の低い方から高い方までサポートします。
※芯を出す時のノック音を大幅に低減。さらにノック圧を軽くする事によりスピーディで軽快な芯出しを実 現しました。力の弱いユーザーにもスムーズにノック出来ます。
※ロゴマークの変更。

僕は個人的にノック圧を軽くしてくれたことが一番嬉しいです。書き味は申し分なかったのですが、ちょっとノック圧がキツくてそこだけはストレスに感じていたんですよね。今回、ちゃんと直してくれたので嬉しいです。しっかり使いたいと思います。

「プレスマン」という名前の通り、新聞記者が速記しても大丈夫なように開発されたタフなシャープペンシルです。このペンはまだまだ生き残っていきますよ!まだ、使っていない人は是非お勧めします。もちろんコスパも抜群です。

昔は「黒」しか無かった「プレスマン」なんですが、「白」「赤」「緑」「青」「黄」と色のバリエーションが増えました。その時の気分によって使い分けができたり、どの世代の人にも使ってもらえるためには、こういう配慮が必要ですよね。

長く使われているには秘密があるんです。ユーザー目線に立った進化を続けないと生き残れないのですね!今後の「プレスマン」の進化に期待したいです。もちろん、次の進化までしっかり使い続けたいものです。楽しみですね。

プラチナ万年筆 プレスマン 6色カラー セット

プラチナ万年筆 プレスマン 6色カラー セット

 



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

f:id:fumihiro1192:20170606202847j:plain

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com