『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【驚異の効率化】リニューアルした『プレスマン』でブレストしましょ!

f:id:fumihiro1192:20170513122857j:plain

プラチナの『プレスマン』は、何十本買ったのか覚えていないくらいの、お気に入りのシャープペンシルです。少なくとも20本以上は確実に買っているので、その好きさ加減はご理解いただけると思います。軽快に書けるところを、抜群に愛しています。

リニューアルしてからノック感覚が良くなったので、さらに愛用しています。最近、折れないシャープペンシルが主流ですけれど、0.9mmのこのペンもスライド機構のおかげで力任せに書くことが出来るので「折れないペン」としても良いですよね。

元々速記用に開発されたシャープペンシルです。新聞記者の方に使ってもらいたいという意味を込めて『プレスマン』という名前がついたと聞いています。この名前が残っているところを見ると、今でも新聞記者の方たちの間で愛用者も多いのでしょうね。

僕もストレスなく書き続けられるところが良いと思います。スケッチブックを持ってきて、このプレスマンで思いつくことを全て書きつくすブレスト!なんて最適な作業だと思います。ブレストは僕たちをストレスフリーにしてくれる良いツールですからね。

そんなわけで、今日は再び『プレスマン』の紹介をさせていただきます。

f:id:fumihiro1192:20170513122905j:plain

 『プレスマン』のプレスリリース(2016年9月)

当社の中でもロングセラーの「プレスマン」は速記士や、記者向けに開発されたシャープペンです。
近年の文具ブームの流れで、プロ用筆記具を 普段使いに購入される方が増え「ブラック以外の色を」との要望が多く寄せられており、新色発売にいたりました。
今回の新色は発売当時の時代背景に思いを馳せ、昭和50 年代の生活用品や家電製品によくみられた原色に近いハッキリとしたプラスチック色を 参考としてカラー展開しました。懐かしさを感じるとともに、現代のプロダクトの中では新鮮味もあります。ブラックとは一線を画したカジュアルな カラーリングの「プレスマン」で、プロ気分の書き味と機能を幅広いシーンでお愉しみ下さい。

<プレスマン シャープの特徴>
0.9mm の太い芯と、速記時などで一定以上の力が加わると芯がスライドするセーフティスライド機構採用で、筆記時の芯折れを回避します。
一般の芯が全長60mm に対して全長100mm 芯を採用しているため連続筆記にも有利であることから、速記用としてはもちろんのこと、執筆家やクリエーター、 コピーライターなど物を創造する職業の方にも「イメージをスケッチするのに最適」と長年ご愛用いただいております。

色を使いわけよう!『プレスマン』の新色

僕は旧タイプのときには「黒」しか使っていませんでした。しかし、今回色鮮やかな6色になりました。「黒」「白」「赤」「緑」「青」「黄」です。これだけのバリエーションをペンケースに入れておけば、毎日使い分けが出来て楽しいですよね。

攻撃的な企画は「赤」冷静に分析するときは「青」真摯な気持ちで臨むときには「白」などと、自分なりの設定をして成り切って仕事しちゃえばいいのです。こういう成り切りって効果あるんですよ。是非、一度やってみてください。

f:id:fumihiro1192:20170513201439j:plain

 

僕の友達文房具ブロガーの記事です

izumo-netlife.com

mai-bun.com

www.s-ichiryuu.com



最後までお読みいただきありがとうございました!


合わせて読みたい僕の文房具ブログ(筆記具編)

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com