『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【僕のアモーレです】万年筆には「赤いインク」を入れて情熱的に書こう!

f:id:fumihiro1192:20170417213250j:plain

 

僕の恋人は赤いインクを入れた万年筆です。仕事でも、プライベートでも、常に使ってますので、大切にしています。

 

最近は、ホワイトボードを使って書きながら仕事することが多いです。実に味気ないけど、便利なのでやめられないのです。そこで大方考えが決まってきたら、撮影してパソコンに落として印刷し、そこから朱入れしながら完成させるという方法をとっています。

 

プレゼン資料などは、作成する前にこの手順をとります。

 

  1. ホワイドボードに書きまくって考えをまとめる。
  2. それをコマ割りしてストーリーをつける。
  3. 写真を撮って、パソコンに落とし、印刷する。
  4. 万年筆で朱入れして、ポイントをわかるようにする。
  5. その紙をみせながら上司承認をもらう。
  6. パワポ資料を作成する。

 

こんな順番です。ポイントは4番と5番の流れです。こういう仕事ができるようになると、やり直しがなくなって、生産性があがります。そうすると他の気になる仕事に力を注げるようになるので、好循環がうまれるのです。いいことばかりなのです。

 

週末は、そんな風に仕事で大活躍してくれている万年筆をチューニングにいってきました。

 

f:id:fumihiro1192:20170417213255j:plain

 

チューニングというのは、岡崎市の有名文具店:ペンズアレイタケウチさんの「ペンクリニック」です。今回のイベントも一人2本まで無料で万年筆を診てもらえます。なんとも太っ腹な企画なのです。もちろん超人気なので予約していかないといけないです。

 

僕は普段からヘビーに使っているペリカンの万年筆と、ほとんど使えていない加藤製作所の金魚をお願いしました。両方とも「赤インク」が入れてある大事な万年筆です。でも、手は2本しかなく、さらには利き腕でしか書けないので金魚は嫁に出すことにしました。

 

嫁入り先は「金魚、可愛いなぁ」と、つぶやいていた師匠のロンスタさんの家です。嫁に出す前に先生にチューニングしてもらって、最高の状態にしておきたかったのです。嫁入り前の娘たちが悪あがきのようにダイエットしたりエステに通ったりするのと同じ心境なのです(こういうこと書いてはいけないのだった汗)

 

f:id:fumihiro1192:20170417213302j:plain

 

パイロットの奥野先生からは「顔を写さないでくださいね!」と念をおされていましたが、途中からどうでもよくなってしまいました(笑)先生は仕事が丁寧なので、感動しました。良い書き味の万年筆で、僕も良い仕事しますよ!

 

やっぱりストレスフリーな筆記具は万年筆です。これからもしっかり使って、楽しい人生にしたいです(*^_^*)今はとても安価な万年筆もでています。是非とも万年筆を恋人にして、楽しく仕事をしてくださいね。

 

 

f:id:fumihiro1192:20170417213257j:plain

f:id:fumihiro1192:20170417213300j:plain

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com