読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【今日のお酒と万年筆】浪費癖を乗り越える!戦う50歳の登場です。

文房具

f:id:fumihiro1192:20170310205052j:plain

 

今日は早めに会社を上がらせてもらって、自分の時間を持とうと意気込んでいた。たいしたことは出来なかったのだが、とても良い時間だったので、そのことを書いておきたい。何年たっても、今日みたいな日のことを忘れないようにするためである。

 

まず最初に向かったのは「荒川酒店」という小さな酒屋さん。

 

僕はお酒が飲めないので、酒屋さんには全く興味がない。でも、普段から文房具関係でお世話になっている方に美味しいお酒を飲んでいただきたいなぁと思ってこの店に足を運んだのだ。行ってみたら当然のように凄そうなお酒だらけの店であった。

 

「すごい沢山置いてますね」と、店主さんに言ったら、「うちはその辺の店とは違いますよ」的なトークを始めたので手短に用件を切り出した。「岡崎市らしい美味しいお酒をください。贈り物にします」そうしたら店主さんは迷わずこれを出してきた。

 

純米吟醸「丸石謹製」

 

よくわからないが凄いお酒なんだそうだ。

 

「僕お酒飲めないので、よくわからないんです。これでお願いします。」と言うと、店主さんは「本当に可哀想な人だね」といった目で僕をみつめながら、このお酒を梱包してくれました。とろとろの超うまいお酒とのことです。お楽しみに!

 

https://www.instagram.com/p/BRdPKGmlsCZ/

 

そしてその後、春のペン祭りで賑わう「ペンズアレイタケウチ」さんに向かった。もちろん、ペンクリニックという万年筆をチューニングしてくれる先生の予約時間を取るためだ。ちゃんと目的は果たしたが、ちょっとおまけがある。

 

じっと見ていたら木軸のペンが欲しくなったのだ。

 

ちょうど財布に13000円入っていたので、税込で¥12960の、この万年筆はギリギリ買える。全財産をはたいて万年筆を買う僕の姿を見て、店長が「家まで送っていってあげようか?バス代あるの?」と言ってくれた。車で来ているので大丈夫です!

 

この黒い木軸のペンで緑色のインクでつらつらと書くたくなったのです。2日間もひたすら東京で働いてきたので、このくらいのご褒美いいかな?と思う。けれど、最近自分に甘くてご褒美だらけなので、気をつけなくてはならない。

 

なんといっても、僕には「浪費癖」の手相が出ているのだから・・・

 

f:id:fumihiro1192:20170310205049j:plain

 

f:id:fumihiro1192:20170310205050j:plain

 

 

合わせて読みたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

follow us in feedly