読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

年の瀬はこれです!「宝島社:2015年版 このミステリーがすごい!」

読書

 

f:id:fumihiro1192:20141212203052j:plain

やっぱり年の瀬はこの雑誌を読まなくっちゃね~

僕にとっては紅白歌合戦よりも、年賀状よりも、初もうでより大事です!

「宝島社:2015年版 このミステリーがすごい!」¥520+税

 

僕は97年版から読み始めて、毎年欠かしたことがありません!

何回も何回も繰り返し読んで、「次はどんな本を読もうかな?」と物色してます。

まさに獲物を狙うハンターの様な真剣さで読み返しているのです(笑)

 

97年の国内編1位は「不夜城」。この馳星周のデビュー作は衝撃でした。

彼の本で夏ごろに読んだ「美ら海、血の海」も良かったです。

こんな本も書けるんだと実力がわかる作品でしたよね~

 

今年の国内編1位は・・・表紙にも書いてあるからわかるんですが・・・

米澤穂信さんの「満願」。僕も読みましたが絶妙なうまさ短編集です。

でも、まさか1位をとるとは思いませんでした。もう一度読み返します(^^)

 

このミステリーがすごい! 2015年版

このミステリーがすごい! 2015年版

 

 今年はちょっと趣向を変えて・・・「このマンガがすごい!2015」も買いました。

僕にとって初めての試みです。

まさかマンガを買う日がくるとは思いませんでした。変化は最高です!(^^)

このマンガがすごい! 2015

このマンガがすごい! 2015

 

 やはりこういうアンテナを立てていないと良い本は読めないです。

限られた時間の中で読書をより充実させたいと思うのなら

情報収集は絶対に必須ですよ~

 

僕の「このミス」26年間の26冊の国内編の1位の歴史のなかで

ベスト3をピックアップしました。

かなり偏った評価かもしれませんがお許しくださいね。

 

第一位「馳星周不夜城

さらに本が好きになれた一冊のよ感じて、感謝している一冊です。

こういう本、日本になかったんじゃないかと思います。

不夜城 (角川文庫)

不夜城 (角川文庫)

 

 第二位「高野和明:ジェノサイド」

とっても壮大な本でした。ミステリーというよりSFに近いかも・・・

でも、最高級エンターテイメントです!

ジェノサイド

ジェノサイド

 

 第三位、「山口雅也:ミステリーズ」これは本当に上手いと唸らせる本です。

山口雅也は天才です。もうとっくに文庫化されていますので、どうぞ

手軽に読んでみてくださいね~

ミステリーズ《完全版》 (講談社文庫)

ミステリーズ《完全版》 (講談社文庫)

 

 ぜひぜひ、読書をお楽しみください(^^)

follow us in feedly