読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本と文房具とスグレモノ』

文房具ライター:フミヒロです。身近で安価で即効性のある成長アイテムが文房具です。毎日、情報を発信します♪

【究極の郷愁付箋】春光園の『マッチ箱付箋』が意味なく懐かしい!

f:id:fumihiro1192:20170411205258j:plain

 

最近、マッチ箱を見ないですよね。

 

昔はあれほどまでに巷(ちまた)に溢れていたものが、いつの間にか姿を消しているって不思議ですね。最近の子供は、マッチで火をつけた経験すらないんでしょうね。驚くべきことだと思いますし、時間の流れを改めて感じます。光陰矢の如しですね。

 

そんなノスタルジー(郷愁)に浸っている暇はありません。今日も僕のペースで文房具を紹介させていただきますね。こんな振りで始まったので、うすうす気がついてみえる人もみえるでしょうが、今日紹介するのは春光園『マッチ箱付箋』です。

 

それでは、ちょっとだけ春光園さんの紹介をさせていただきます。

 

「春光園(しゅんこうえん)」は弊社が製墨業で使用する屋号で、古くは大正時代から使用して参りました。
時代の変遷とともに筆記具が筆からボールペンや万年筆などへ移り変わり、製墨業での「春光園」という屋号も社員ですら知らない存在になりつつある中、この会社の礎を築いてきた先人のモノづくりへの想いを受け継ぎ、また弊社の歴史を後世に繋ぐために、「春光園」という屋号を復活させることにいたしました。

「春光園」にはいつも清らかな春の光が降り注ぐ会社であり続けたいという願いが込められています。

 

f:id:fumihiro1192:20170411205248j:plain

 

春光園の『マッチ箱付箋』は、日本の昭和を思い出させるレトロな「古カワイイ」付箋です。この付箋はマッチ箱入り。意味あるのかな?と思って、最初買わなかったんですが、妙に気になる不思議な付箋なんです。きっと懐かしかったんだと思います。

 

僕の家は昔、薪(まき)でお風呂を沸かしていました。よく庭先で親父が薪割りをするのを、すごいなぁと思って見ていました。僕がやると薪はまったく割れません。でも、親父がやるとスカっと美しい音をたてて割れるんです。

 

そこから風呂沸かしになるんですが、僕の役割はその薪に火をつけることでした。マッチを擦って新聞紙に火をつけ、その火が薪に燃え移るまで見届けるのが僕の役割です。楽しかったなぁ。色々なものを片手間に燃やして楽しんでいました。

 

そんな思い出があるので、いまでもマッチ箱が大好きなんですよね。

 

そんなマッチ箱に入ったお洒落な付箋が売られています。なかなか文房具屋さんではおられていないので、僕もみつけるのに苦労しました。モノクロとセピアの2色が各30枚づつ入った60枚入りです。付箋はマッチ箱と同じ柄をあしらってあるんですよ。

 

f:id:fumihiro1192:20170411205251j:plain

f:id:fumihiro1192:20170411205253j:plain

 

そして側面には「爪ヤスリ」が貼り付けてあります。これは一体どんな使い方をするのかよくわかりませんが、一度使ってみようと思います。爪がぴかぴかになったら、またご報告します。そうならなかったら、報告しません(笑)

 

僕もおじさんどころか、おじいさんと呼ばれても良い年齢です。こういう文房具が恋しくなってくるんでしょうね。まあ、許してやってください。

 

では!最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

合わせて読みたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

【愛・文房具】待望の文房具雑誌『グッとくる文房具2017』今年もやってきました!

f:id:fumihiro1192:20170412195213j:plain

 

『グッとくる文房具2017』を手に入れました(*^_^*)

 

この雑誌には深く思い入れがあります。僕の文房具好きをぐっと加速させてくれた濃くて良い雑誌だったのです。その良い所というのは「盛り沢山情報」!これでもかというくらい、文房具情報が詰め込まれていて僕たちを楽しませてくれます。

 

僕が最初にはまった「文房具雑誌」です。本体価格¥722+税ということで、コスパも良いですよね。さてさて、どんな内容なのか楽しみです。

 

それでは目次検索してみましょう!

 

  1. 新作ボールペンの超新星
  2. 愛用者インタビュー/ボールペン編
  3. ボールペンカタログ
  4. 愛用者インタビュー/万年筆編
  5. 注目の新作シャープペン
  6. シャープペン・鉛筆カタログ
  7. 消しゴム・修正テープカタログ
  8. 愛用者インタビュー/シャープペン編
  9. 話題の便利ノート
  10. ロングセラーノートカタログ
  11. 愛用者インタビュー/手帳編
  12. ペンケースカタログ
  13. ロングセラー文具の歴史
  14. 「日本文具大賞」歴代受賞製品
  15. 愛用者インタビュー/鉛筆・マーカー編
  16. 文具ふるさと探訪
  17. ミニミニ文具
  18. 愛用者インタビュー/筆ペン編
  19. 付箋・マスキングテープ
  20. 文具専門家・イチオシ便利文具
  21. 愛用者インタビュー/オリジナル文具編
  22. 読者プレゼント

 

僕が一番興味があるのが「消しゴム」カタログです。

 

「消しゴム」は、みんな同じように見えて全て違います。そもそもの配合がメーカーによって違うからです。違うから、その人の好みにあったものをセレクトすることができるんです。面白いですよね。僕は全消しゴムカタログを作りたいです。

 

そういう手引書みたいなものを作って、わかりやすくしてあげたら、自分の消したいものや力加減などを加味して「消しゴム」選びができますからね。こういうものがあると良いですよね。考えるだけでわくわくしてきます。

 

f:id:fumihiro1192:20170412195215j:plain

f:id:fumihiro1192:20170412195219j:plain

 

f:id:fumihiro1192:20170412195234j:plain

 

文房具仲間の土橋さん、菅さん、寺西くんも元気そうです!(*^_^*)v

 

f:id:fumihiro1192:20170412195243j:plain

 

最後にちょっと見逃せない文房具を紹介します。

それはダイゴーの「すぐログ」です。

 

これは、新入社員の皆さんに紹介したい素敵な文房具です。

 

新入りはやはり先輩に言われたこと、上司に言われたこと、電話でお客さんから言われたことを忘れてはいけません。僕は電話が苦手で、客さんの名前をすぐに忘れてしまって随分周囲に迷惑をかけました。そんなことがないようにこれを携帯するのです。

 

そうすれば、すぐにメモを取ることができるんです。お尻のポケットにも、胸のポケットにもするりと入って取り出しやすいデザインになっています。これは良いです!

 

『グッとくる文房具2017』は、今後も紹介していきますから、お楽しみに。

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

【お花見文具会】酔った勢いでいただいた文房具を紹介していきますね。

f:id:fumihiro1192:20170409093301j:plain

 

第68回文房具朝食会@名古屋は、桜の名所:岡崎公園で「お花見文具会」を開催しました。そんなこと言って、ただ飲みたいだけなんだろう!良い加減にしろ!という読者からの声が聞こえてきそうですが、違います。証拠に僕は一滴も飲みませんでした。

 

正確に言えば「飲めません!」です。

 

昔からすぐに顔が真っ赤になって、お酒を飲むと気持ち悪くなって、夜全く眠れません。大先輩方から「鍛え方が足りない。練習しろ」と叱咤され、練習を重ねましたが結局断念しました。僕はお酒の必要ない人間だったのです。

 

お酒をあきらめてから、とっても快適です。無理に飲まなくていいし、気分悪くならないし、飲み会に車でいけるし、みんなを送っていってあげられるし、良いことばかりです。完全に割り勘負けしますが、負けるが勝ちみたいな感覚で考えています。

 

ときどき春日さん(文房具朝食会の重鎮)が、「たまには飲めよ!」と絡んでくる以外は、平和な毎日を過ごしております。もっと早くあきらめていれば、平穏で豊かな時間がたくさん確保できたのにと思うと残念でありません。

 

まあ、そんなお酒のお話はさておき・・・

 

今回の文房具朝食会@名古屋の開催で、僕がいただいた文房具を紹介しますね。

 

 

1、シャチハタの『ケズリキャップ』

 

f:id:fumihiro1192:20170410191000j:plain

 

これはペットボトルにつけて使う「鉛筆削り」です。シャチハタの大ヒット商品で、一時期品薄で入手困難になったほど売れましたよね。ペットボトルに削りカスがどんどん溜まっていく様をみていると、達成感があるんでしょうね。面白いですよね。

 

削りカスが溜まったら一気にポイすればいいみたいな売り文句です。

 

確かにチマチマ捨てるより、断然部屋が汚れなくて良いんですよね。

 

 

シャチハタ ケズリキャップ ピンク ZKC-A2/H

シャチハタ ケズリキャップ ピンク ZKC-A2/H

 

 

シヤチハタ ケズリキャップ ツイン ブルー ZKC-W1/H

シヤチハタ ケズリキャップ ツイン ブルー ZKC-W1/H

 

 

 

2、パイロットの直液式水性ボールペン『Vコーン』

 

f:id:fumihiro1192:20170410191715j:plain

 

このペンの最大の特徴は、直液式であるということ。

 

こういうタイプのペンは苦手という人も多いでしょうでも、性能も初期型とは段違いに進化してます。僕も赤色と黒色は必ずデクスに常備していて、強烈なインパクトが欲しい時には、このペンで書くようにしています。

 

 

3、ロクブンノイチ測量野帳

 

f:id:fumihiro1192:20170410192246j:plain

 

この文房具についてはブログに書いたばかりですので、ご参照ください。 

fumihiro1192.hatenablog.com

 

 

4、なんだか可愛らしい消しゴム

 

f:id:fumihiro1192:20170410192710j:plain

 

なんだか、とっても可愛らしい消しゴム。大事にします!「りんご」なのか「さくらんぼ」なのか、この雑な書き方、大好きです(*^_^*)

 

 

5、おしゃれな蛙に柳的な「ぽち袋&はがき」

 

f:id:fumihiro1192:20170410193631j:plain

f:id:fumihiro1192:20170410193634j:plain

 

こちらは京都のお土産でいただきました。粋な大人は、ちゃんとぽち袋を携帯していて気持ちいいサービスを受けると感謝の気持ちを表す意味でお金を少額いれて差し出すんだそうです。こういうの良いですよね。

 

「君のおかげで楽しく食事ができたよ。ありがとう!」って感じ。大人だ!

 

今回僕は高級日本酒店に出向いてお酒を買ったり、ビニールシートや割り箸を買い出しにいったり、こまめに幹事として働きました。そのご褒美だと思ってありがたくいただきます。僕に文房具をプレゼントしてくれた皆さん感謝です!

 

では、これで報告終わります。あ!ロンスタさんが素敵なブログ記事書いてくれているので、ここで紹介しておきますね。こちらも御覧ください。さすが、プロの記事です!

 

lonestar.hatenablog.com

lonestar.hatenablog.com

 

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

 

 

【大人気文房具】久々の大ヒット商品!『オレンズネロ』凄さの秘密を紹介します。

f:id:fumihiro1192:20170409195550j:plain

 

久々の大ヒット商品になりました『オレンズネロ』を紹介します。

 

この高級シャープペンは1本¥3000もします。普通の感覚の人が考えるシャープペンは¥100〜¥500くらいではないでしょうか?このペンは通常の価格の何倍もするにもかかわらず、いつ入荷してくるかもわからないくらい売れてます。なぜでしょうか?

 

それはもちろん時代にマッチしたことと、その価格でも買いたいという消費者の気持ちをがっちり掴んだからでしょうね。今日は是非とも、その秘密に迫っていきたいと思います。それは、大きく言って3つあります。そこを深堀していきますね。

 

f:id:fumihiro1192:20170409193708j:plain

 

『オレンズネロ』が売れ続ける3つの理由。

 

1、ストレスフリーの「自動繰り出し」が認知された。

2、支払い価格を上回る話題性と折れないという機能性。

3、メカニカルなデザインとパッケージで優越感を配慮。

 

この3点が戦略として徹底的に良かったことではないでしょうか。

 

以前、パイロットから「オートマック」という自動繰り出しのシャープペンが出たときにも、僕はマスコミにアピールしたのですが「なんとなく地味」という理由で却下されてしまいました。そうなんです「自動繰り出し」だけでは地味なんです。

 

そこを「折れない」という機能を合わせて売り出したこと。さらには0.2mmと0.3mmに特化して、メカニカル感覚抜群のパッケージとデザインで売り出したことが大ヒットに繋がったんだと思います。

 

「自動繰り出し」「折れない」「機能性を追求したデザイン」は、我々の作業効率をアップさせること間違いなしです。残業時間が問題になっている今だからこそ、集中力と効率化が要るんですよね。僕はこのシャープペンがちょっと世界を変えてくれると思います。みなさん、お楽しみに!

 

 

ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm PP3002-A
 
ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A
 

 

 

www.pentel.co.jp

 

f:id:fumihiro1192:20170409203529j:plain

 

これは文房具友達の春日さんに、わざわざ岡崎市まで持ってきていただき撮影したものです。春日さん、ありがとうございました。

 

f:id:fumihiro1192:20170409203739j:plain

 

書き味は・・・抜群!というか、0.2mmで書いたことが、今までないので新鮮でした。やっぱり細いタイプのペンで書くと行間が綺麗にでて字が綺麗に見えるはずですよね。

 

 

 

動画を貼り付けておきますので、じっくり見てくださいね。

最後に文房具と時代背景との関係についても触れておきます。

 

 

文房具と時代背景(好況時と不況期の道の開きについて)

 

バブルの終焉後、日本経済はずっと爆発することなく沈滞したムードを保ってきました。バブル以降の世代の人々は、ほとんど堅実で仕事でギャンブルしません。極度に失敗を恐れ、無難に生きていっているようにすら見えます。仕方ないですよね。

 

そんな中、最近大幅成長とはいきませんがアベノミクスの影響もあり、経済にちょっとゆとりのある部分が出てきたように思えますし、風潮もそうなっていると思います。そういう中で、この高級シャープペンが時代に合ったんでしょうね。

 

今後、誰一人「こんな無謀な企画を設計しやがって」という人は、いないと思います。そういう流れに乗って、新しいものが開発できたら最高ですけどね。

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございます。感謝です。

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

【現役最強文房具】結局、「測量野帳」に太刀打ち出来るノートはないのかも知れない。

f:id:fumihiro1192:20170408213347j:plain

 

日曜日にブログの師匠:ロンスタさんが飛び入りで文房具朝食会@名古屋のお花見に参加してくれました。師匠はトークのキレが抜群で、緊張で頭が真っ白になってしまう僕と違って流れるように話をして、みんなを笑わせます。本当に見習いたいものです。

 

そんなロンスタさんが「渡したいお土産があるんだ!」とメッセージをくれました。

 

実は僕も岡山のうさぎやさんに無理を言って送ってもらった「オリジナル測量野帳」をロンスタさんに渡そうと機会を狙っていたので、ちょうど良かったのです。お互いに、お土産交換をしようということになりました。

 

そして、師匠がくれたのも『測量野帳』でした(笑)

 

そんじょそこらの『測量野帳』ではありませんでした。それは、滋賀県を代表する「琵琶湖文具」が世に出している素敵文房具『ロクブンノイチ野帳』だったのです。僕は師匠のブログでこの測量野帳の存在を知っていたので、とても嬉しかったです。

 

表装はめちゃめちゃカッコイイですよね!ロクブンノイチは、琵琶湖が滋賀県のロクブンノイチを占めていることに由来するネーミングです。なかなかセンスありますよね〜♪

 

(上記画像の右側の紺色のものが、ロクブンノイチ手帳です)

 

f:id:fumihiro1192:20170408213405j:plain

 

こちらが最近の僕の普段使いの「測量野帳」です。

 

うさぎやさんの銀色の表面のものは珍しくてインパクトもあるんですが、テキストに紛れてしまいやすいので、マスキングテープを貼り付けてアクセントにしております。

 

僕はこのノートに頭に浮かんだことを何でも書きつけておくようにしています。そして、後で読み返して繋げていったり、組み立てていくのです。こういうノート大事です。隙間時間にちょっと考えたことが無駄になりません。後戻りしないのです。

 

f:id:fumihiro1192:20170408213409j:plain

 

さてさて、『ロクブンノイチ野帳』を深堀していきましょう。

 

僕は旅のスクラップとして使うほうに大賛成です。こういうタフなノートを持っていると「書こう!」という気分になりますよね。さらには、スクラップにも適しています。ちょっと小さめだけの、その方が工夫するよね。

 

f:id:fumihiro1192:20170408213412j:plain

 

そうか・・・

 

琵琶湖が滋賀県の6分の1を占めているので、このノートの名前の由来になったのか。何か無理矢理だけど、こういうセンス好きです。

 

f:id:fumihiro1192:20170408213415j:plain

 

こっちのページが「琵琶湖豆知識」なのか!なるほど、なんとなく深さもわかるような気がしてくるぞ!良い感じです。

 

f:id:fumihiro1192:20170408213418j:plain

 

そして日本と琵琶湖の白地図・・・一体何に使えるんだろうか?

 

まあ、それは良いとして「測量野帳」は、やっぱり現役最強です!

 

 

合わせて読んでいただきたい文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

【お勧め文房具】絶賛!万年筆を好きになるための万年筆『kakuno(カクノ)』

f:id:fumihiro1192:20170408195048j:plain

 

文房具朝食会@名古屋メンバーが集まって「初心者が最初に買う万年筆は何がいいのか?」ということについて話し合いました。もちろん、ちょっとお酒が入っての議論でしたので長続きしませんでしたが、結論は簡単に出ました。みんなの意見はこれです。

 

「パイロットのkakuno(カクノ)だよね!」

 

僕もそう思います。お手頃価格で手にいれることが出来て、万年筆が好きになる工夫が色々凝らしてある。現在のこの万年筆に勝てるものが見当たらないのです。ペリカーノジュニアが長い間守ってきた位置をあっという間に奪っていったという感じですよね。

 

この万年筆がバカ売れした理由もよくわかりますよね。

 

僕は万年筆が好きになるためには、インクで書いた字の美しさをまずは好きになるのが良いと思います。中学生の時にもらった手紙が万年筆で書いてあって、ボールペンしか知らなかった僕にとってあまりに新鮮だったことを今でも覚えているくらいです。

 

インクで書いた字が好きになって、そういう字が書きたいという欲望が生まれ、そこから万年筆で書いて書いて書きまくりたい。そういう流れになるのが一番良いんじゃないかなと考えているんです。これからの時代にも、ここは通用するはずですよね。

 

そしてなにより¥1000(税別)

 

万年筆といえば、数万円くらいは覚悟している人も多いみたいです。でも、最初にこの廉価版の万年筆で、自分と万年筆が合っているのかを確認してみるのがいいですよね。ここから「やっぱりボールペンでいいや」という人もいるかも知れませんからね。

 

万年筆を好きになるための万年筆『kakuno(カクノ)』

 

「万年筆、僕に合うのかな?」と思っている方は、ぜひぜひお試しくださね。

 

 

f:id:fumihiro1192:20170408195055j:plain

 

初めての万年筆が愛着あるペンになる

 

万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。
カクノはそんな思いから生まれました。
シンプルだけれど、どこかかわいらしい。
その形には、「書くこと」へ自然と導くさまざまな工夫がつまっています。
こどもから大人まで、きっと書くのがたのしくなる。万年筆、カクノ。

 

 

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

 
パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-RF 細字 レッド

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-RF 細字 レッド

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

「自己紹介」をさせていただきます!文房具ブロガー:フミヒロです。

f:id:fumihiro1192:20170327203309j:plain

 

当ブログの管理者の文房具ブロガー「猪口フミヒロ」と申します。

 

ブログを書いていて、「自己紹介」はとっても大切だと思います。自分は古いタイプの人間なので、思いを受け取っていただく方に僕を知ってもらいたいのです。ですから、定期的に実施させていただきます。よろしく、おつきあい願います。

 

先日、ブログの読者数が505人となりました。僕にとっては驚きのペースでありがたいことです。数ヶ月前に「自己紹介」したばかりですが、新規に読者になっていただいた方に対して文章もリライトしながらアップします。よろしくお願いいたします。 

 

僕は、文房具が大好きで、2009年から毎日「文房具ブログ」を書いてます。10年間書き続けて、ブロガーとして一流になることを目標に頑張っています。もう8年目!まだまだやりたいことたくさんありますので、ペースを守って走り続けます。

 

2017年は『文房具屋さん大賞』の文房具ブロガー代表5名にも選出していただき、2016年の文房具界の振り返りと2017年を占うような議論をやらせていただきました。2月発売の本(2月27日発売)に掲載されてますので、ぜひ読んでくださいね。

 

それから、先週は全国放送のテレビ東京の番組『ソレダメ‼︎』に出演させていただきました。番組の中で「文房具の達人」という設定でしたので、現在歩いているだけで「達人!」とか言われて恥ずかしい思いをしております(笑)

 

では、早速ではありますが「自己紹介」させていただきます。

 

 

まずは、基本情報。

 

名前は、猪口フミヒロです。愛知県在住です。ほとんど愛知県を出たことがありません(笑)最近はフットワーク軽く各地に出かけることが出来るようになりました。そこはとても自分自身評価してあります。こういうペースで生きていきたいです。

 

現在仕事は、自動車部品メーカーに勤務しております。基本、優秀な方ではありませんので会社では目立ちません。静かに波風を立てないように暮らしております。毎日原価計算をして会社の役に立てるように頑張っております。

 

「え!文房具のことばかり書いているので、文房具業界の人だと思ってた!」というコメントをよくいただくのですが、文房具とは全く関係ない世界で働いてます。でも、文房具は仕事にとても役に立つことは間違いないですよ。

 

文房具は自分を進化させてくれる最も身近で安価な武器だと考えています。こういうツールをしっかりと使いこなすことで、さらなる進化が出来たら良いなと思います。そしてその足跡をしっかりと残して次世代の役に立ちたいです。

 

大げさかもしれませんが、僕の出来る最高の社会貢献です。

 

 

文房具ブログを書く理由。『文房具朝食会@名古屋』を主催。

 

僕は「ブロガー」に憧れて、この道に入りました。発信することが好きだったのでブログを通じて、自分の存在をアピールしたかったんです。毎日書きたかったので、好きで、無尽蔵にネタがありそうな「文房具」に目をつけました。

 

文房具ブログを書き出したら、あっという間にブログ友達ができました。うれしかったです。そのブログ友達が誘ってくれたことが縁で『文房具朝食会@名古屋』という朝活コミュニティーを主催するようになりました。

 

こうやって雪だるまのように色々なことを吸収して大きくなって、今の僕があります。テレビに出たり、雑誌で紹介してもらったり、講演を聞いてもらったりしているのは、本当に普通では味わえない大事な経験値です。

 

 

その他、色々なこと。

 

趣味   ブログを書くこと。読書。スポーツ観戦。旅行。カメラ・・・

特技   不思議なくらいフレンドリーと言われます。

血液型  A型 参考に右投げ右打ち 視力最悪です。老眼も新規参入。

性別   男子 しし座です。

部活   中学:サッカー部 高校:帰宅部 大学:サイクリング部

行きつけ 文房具店 岡崎にあるペンズアレイタケウチには毎週います。

好物   焼肉、うなぎ、すき焼き、珈琲、アップルパイ

秘密   ありますが、言いません。

口癖   大丈夫!(そうでないことも多いですが・・・)

 

 

これからの夢は?

 

まだ行ったことがないところがたくさんあるので、彷徨ってみたいです。知らない土地で、知らない人と話をして、食べたことがないものを食べて、数日その土地にとどまってみたいです。そしてそこの土地の写真をたくさん撮りたいです。

 

文房具ブログを継続して、とりあえず2000記事書き上げたいです。文章力をもっともっと磨き上げて、「読んでよかった!」と言ってもらえるブログを書きたいです。そして自分が読んでも楽しいブログになったら、新しい展開を考えます。

 

文房具朝食会@名古屋の後継者を見つけて、バトンタッチして、この朝活が末長く続いていくような仕組みを作り上げていきたいです。そして、伝説の主催者になれるように精進します。ここは気合いを入れて頑張ります。

 

東北の震災の後にボランティア活動に行って人生の価値観がおおきく変わりました。とても良かったと思います。なにか重たいものが吹っ切れました。これからもこういう転機がたびたび訪れるように工夫して生きていきます!

 

では、以上で「自己紹介」を終わります。

 

これからも、よろしくお願いいたします。素敵な文房具情報を届けますね!

 

 

合わせて読みたい「文房具」の記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

 

 今週のお題「自己紹介」

follow us in feedly